第10話「ブラック・バトリング」

前のシナリオ 第9話(分岐により異なる)
次のシナリオ 第11話「戦端」

マップ

マップ画像 - 第10話「ブラック・バトリング」

マップ上のイベント

(1) 初期配置の敵全滅後、敵増援、ヒビキは宗介とタッグを組む、シャッコはキリコとタッグを組む。

解説

最初に闇バトリングに出場した味方4機で多くの敵を相手にすることになる。強敵はいないのだが、カン・ユーだけは他の敵機と違いHPが高めとなっておりパイロット能力も高い。気力の上がった状態で攻撃されると装甲の薄いキリコのスコープドッグでは耐えられない場合があるので、カン・ユーと戦う場合は「直感」や「集中」を使って撃墜されないようにしたい。SRポイントの獲得は4機のうちどれか1機を選んで優先的に6機撃墜させるだけなので簡単だ。5ターンの制限があるが、開始位置で敵をずっと待ち受けるようなことをしなければ倒すのに5ターンかかる相手ではない。

バトリングの後で現れる敵増援のバララント軍はどの敵も強くない。注意点があるとすればSサイズが多くサイズ差で攻撃が当たりにくい場合がある程度だ。撃墜数稼ぎにうってつけなのでエース育成のために使わせてもらおう。

次のシナリオは敵に援護攻撃込みで10000以上のダメージを与えなければSRポイントを獲得できない。このルートに参加するユニットは攻撃力が高くないユニットが多いため改造段階によってはSRポイント獲得が非常に困難になる可能性がある。後で調整が可能なように一旦は資金を使わない状態でセーブしておくことをおすすめする。

余談

武装したボン太くんの部品はゴウトが用意したらしいが、マオやクルツはボン太くんの存在を知らなかった。ということはアレはミスリルが資金提供したものではなくて、宗介は自腹で開発したものなのか……?

登場ユニット

味方

スコープドッグ(キリコ) ×1
ARX-7 アーバレスト(宗介) ×1
ジェニオン(ヒビキ) ×1
ベルゼルガDT(シャッコ) ×1

(味方増援)
マクロス・クォーター(ジェフリー) ×1
選択したチーム ×4

ファッティー(カン・ユー) ×1
ファッティー(AT乗り) ×3
スコープドッグ(AT乗り) ×3
M6 ブッシュネル(傭兵) ×2
Rk-92 サベージ(傭兵) ×2
C3ー5 ミストラルII(傭兵) ×2

(敵増援)
汎用戦闘機(バララント)&汎用戦闘機(バララント) ×4
スカラベ(バララント兵)&スカラベ(バララント兵) ×4
Rk-92 サベージ(傭兵)&Rk-92 サベージ(傭兵) ×2
C3ー5 ミストラルII(傭兵)&C3ー5 ミストラルII(傭兵) ×2

作戦目的

勝利条件

1. 敵の全滅。

敗北条件

1. いずれかの味方ユニットの撃墜。

(味方戦艦登場後)

1. 味方戦艦の撃墜。

2. キリコの撃墜。

SRポイント獲得条件

5ターン以内に敵を全滅させる。その際、味方パイロットの一人に敵を6機以上、撃墜させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA